パセージ第5章 目標の一致 1

1.意見と事実は以前述べたので省略する(第3章 課題の分離1

2-1ヨコの関係に立つこと
第2章 賞罰のない育児 前半で述べたように、これはリディア・ジッヒャー (Lydia Sicher)が言い始めたことで、対等な関係に立って頼むという事。
2-2 ていないな言葉使いをすること
前章のお願い口調もこれに当たる。
2-3 感情的にならないこと
陰性感情を使わずに
2-4 合理的である事
子供も納得するような筋の通った話をしましょう、ごまかして頼んだり、あることをわざと言わずに頼むのはやめましょう。
2-4 妥協点を探す事
100%協力してもらえるとは限りませんし、その場合は譲歩して交渉します。
2-5 子供の断る権利を認めること
もちろんきっぱり断られる事もありますがそれは受け入れましょう。やってもらうのを前提に頼むのは競合的ですね。
上記のことに注意して頼み上手になりませんか?もちろん子供だけではなく他の対人関係にも使えますよ、というか使ってください。

今日はマインドフルネスストレス低減法を元に開発された、マインドフルネス認知療法を紹介する。
この方法は開発者が実際、J.カバットジンのプログラムを受けてうつ病の再発に特化して開発されたものだ。
従って非常に手法が似ている。
読まれればその類似性が分かるであろう。

マインドフルネス認知療法:うつを予防する新しいアプローチ
  • Z.V. シーガル, J.D. ティーズデール, マーク ウィリアムズ
  • 価格   ¥ 3,456
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック