九州北部を中心とした記録的豪雨

この数日間は、台風、その後の集中豪雨によって、福岡県、大分県の一部の地域で甚大な被害が出ている。
同じ福岡県でも、福岡市はそれほど雨が多くなく、梅雨の1日といった感じであった。
本当に同じ県なのかというほどニュースを見るとひどい被害だ。
この記録的豪雨は帯状に積乱雲が発生していて、限られた地域に集中している。

朝日新聞ニュース
そして福岡県朝倉市、東峰村、大分県日田市では死者が出ている。
お亡くなりになられた方々、遺族の方々のことを思うと沈痛な思いだ。

現在1万2千人が救助活動を行なっているとのこと。
自衛隊や警察、消防、地域の方々の働きには頭がさがる。
具体的に必要な事が明らかになれば、是非お力になりたい所である。
まだ8日も雨が続くとのことで予断は許さない状況だ。

九州北部を中心とした記録的豪雨” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。