私的感覚の違い

アドラーギルド勇気づけの歌より

人は善意で行動するのだが 

私の気には入らないこともある 

それでも善意であるには違いなく

 それがわかれば感謝もできるだろう(12)

上の一節は人の行為は全て善意からという前提である。

えーっ、全て善意から?

それは違うんじゃないの?

と言われる方もいるだろう。

しかし、人の行動はその人の私的感覚(およそ人は〜すべきと思っている事)とに照らして行われるので、その人にとっての善なのだ。

ここでの善とは世間一般で言われる常識(共通感覚)での善ではない。

そして、それが気に入らないということは私の私的感覚には反するという事だ。
そう考えると、陰性感情は私的感覚の違いから生じるのだという事になる。
逆に考えると、相手が私に陰性感情を持つという事は私の行動が相手の私的感覚に反していたのだ。
そう思えば、陰性感情を持った時に立ち止まる事が出来る。