アドラー心理学カウンセラー養成講座07ー解釈投与と正対

カウンセラー養成講座で学んだこととして。
解釈投与と正対がある。
この説明は、過去の論文に詳しく載っているのでご参照願いたい。
以下一部抜粋する。

解釈投与とは、
(1) クライエントから得られた材料について、
(2) 治療者の推量内容を、
(3) はっきりと言葉で告げて、
(4) その推量が正しいかどうかを確認すること。
を言います。
正対とは、
(1) 解釈が受け入れられたとき、
(2) それにもとづいてクライエントに決断と行動をせまること。
を言います。
野田俊作、解釈と正対の技法、アドレリアン第2巻第2号、1988年8月

解釈投与の例としては
「もしかして、あなたは〇〇と思っていらっしゃるんじゃないですか?」
ここで合って入れば認識反射が出る。「ああ、そうです、そう思っています」
出ないか、抵抗に合えば間違っている。「うーん、そうですかね?そうかも知れないけど違うと思います」

正対の例としては
クライエント:「今まで、しつこく〇〇してきたのに、Aさんは絶対△(クライエントが望む行為)しないんです」
カウンセラー:「とすると、今後も〇〇し続けると、Aさんはいつか△するようになると思われますか、
それとも今と同じことが続いて、同じように△しないままだと思われますか?」

正対はかなり勇気がいる。前提としてクライエントとカウンセラーの信頼関係が出来ていること。
クライエントの抵抗にあったら一旦引くということだ。
なぜなら正対はクライエントにとってかなり痛いことだからだ。
しかも間違っていると信頼関係を崩しかねない。
解釈投与を慎重に進めて、クライエントの洞察が進んだら、正対をかける。
多少痛くても自分の矛盾に自分で気づいてもらわないと、カウンセリングにならない。
アドラー心理学は深層心理学なので無意識に触る。
クライエントにとっては必ずしも快適なカウンセリングではない。
しかし、それが乗り越えて初めて問題解決が出来るのだ。
アドラー心理学のカウンセリングはカウンセラーもクライエントも勇気が必要だ。