アドラー心理学 練成講座 3

2日目、朝食を食べて9:00から実習開始。

今日は天気が良く、部屋から見えるが綺麗だった。

今日は初日とペアを変えて行った。

神奈川から来られている方と、スーパーバイザーには近畿にいる時に私がお世話になった、第二の師匠と言っていい人にお願いした。

大変心強い!

その3人で実習開始!

本日も最初に私がカウンセラー役で、話を聞く。

最初から随時、気づいたことを指摘してもらうようにした。

学んだ点

  1. 閉じた質問が多いこと(医師のくせ)
  2. 必要な周辺情報が十分聞けていないこと
  3. 権力争いの形態で不服従の権力争いというものがあること
  4. 思考を聞く時に自分の中でグループ分けして、解決に都合の良い私的感覚へ導くこと
  5. 私的感覚のマイナス側を使う時には、ポジティブな言い方に変えた方が使いやすいことがある
  6. クライエントの大きな気づきがあったら、それ以上触らない方が良い。
  7. 意味が分からないだろうなと思わずに、開いた質問をする癖をつける。

たくさんのことを学べた。

交代してクライエント役をした。

エピソードは最初から多分これだろうなと思っていた解決策があって、結局はそうだったのだが、途中の気づきが大きかった。

 

3例目はスーパーバイザーで心理療法士の方がライフスタイル分析をされた。

私ともう一人の2人とも手を挙げたが、今回は相手に譲った。

私はこれからもその心理療法士さんとはお会いする機会が多いだろうし、ライフスタイル分析してもらう機会もあるだろうと思ったからだ。

早期回想を3つ聞かれて、2つ採用された。

手順は今の私には高度すぎて分からないが、カウンセリングとは比べ物にならないくらい深い!ということは分かった。

ライフスタイル分析を見る機会はそうそうない。

大変貴重な経験だと思う。

さて、2日目もクタクタになってお風呂に入り寝た。

次は最終日だ、頑張ろう!

(2日目の夕食も美味しくいただきました!)