アドラー心理学ワーク:私ってどんな人? 「特殊診断質問」で「私」を知る!に参加してきた。

最近、アドラー心理学の勉強から少し離れている。

先月のアドラー心理学会九州・沖縄地方会に参加したぐらいである。

自助グループで勉強することをしていない。

仕事が忙しくなっているせいもあるかもしれないが、アドラー熱が少し冷めてきたせいもあるかもしれない。

原因はともかく、やっていないのが事実だ。

今日はそんな中、私ってどんな人? 「特殊診断質問」で「私」を知る!という会に参加してきた。

特殊診断質問って?

カウンセラー養成講座を受けたにも関わらず、全く言葉を知らなかった。

これは、ある質問からその人の私的感覚、ライフスタイルを導き出すというものだ。

もちろん、時間をかけたライフスタイル分析ではないので、厳密なライフスタイルが分かるわけではないが、私的感覚やライフスタイルの傾向は分かるらしい。

中級以上の内容だ。

以前、大阪で参加した会で、魔法使いに3つの願い事を叶えてもらうとすれば、どんな願いをしますか?

というものがあったが、それも「特殊診断質問」の一つらしい。

本日はその中で

1.子供の頃(小学校1年から低学年くらい)に好きだったドラマ、話、人物は何ですか?

2.子供の頃なりたかった職業は何ですか?

3.生まれ変わったら何になりますか?

というものだった。

これらについて語ることで、その人が大事にしているもの(私的感覚)が分かるというものだ。

4人グループになって、一人ずつ話すという形式で行った。

私は2を選んで話した。

私がなりたかった職業は、発明家、科学者

新しいものを作り出す、イメージはロボット=未知の力、弱いものを助けることができる力を持ったもの。

それを生み出す、開発する。

話しているうちに、私的感覚のプラス側は:世の中に役立つ新しいものを開発する。

マイナス側は:決められた既存のことを淡々とこなす。

であった。

なるほど、そう言われればそうだ、とても腑に落ちる。

自分自身では気づかないことも質問に答えるうちに出てくる。

こういう方法もあるんだな。

アドラー心理学は深層心理学ということを改めて体験した。