物事には必ず良い面と悪い面がある

 

最近気付いたこと。

物事を良かった!と思える回数が増えて来たこと。

例えば最近、新幹線に乗っていると前の車両に異常な揺れを感じたとのことで、

新幹線が止まってしまい1時間半も到着が遅れてしまった。

しかし、そのおかげで、時期的に満開の桜がゆっくり見られた。

普段新幹線に乗っている時は、スピードが早すぎて景色を楽しむことは少ない。

こんな機会がなければ見られなかったであろう。

新幹線の徐行運転などはそうそう経験できない、確率的には当たり!

天気も非常に良くて川沿いに咲く桜並木は大変素晴らしかった。

前の新幹線の方は事故でなくて本当に良かったが、当事車両では落ち着かなかったであろうし、途中車両乗り換えがあったらしく慌ただしかったであろう。

1本後で気持ち的には気楽でラッキーだった(申し訳ない)。

良かったことは

1.新幹線の徐行運転が経験できた

2.天気が良かった

3.桜が満開の季節であった

4.当事車両でなかったことで心配がなかった(本当にすいません)

5.夜だったら大変だっただろう、ひょっとしたら新幹線で泊まるかも、昼で良かった

こう考えるとラッキー以外の何物でもないように思えて来ませんか?

ちなみに今までだったらどうであろうか?

多分、

20分早いのに乗っていたら遅れなかったのに!

なんてついていないんだ!

とか、

なんで今日に限ってこんなことに!

とか

考えていたかもしれない。

少なくとも遅れてラッキーだとは思わなかったであろう。

読まれている方は、本当にそんなふうに思ってるの?と言われそうだが、

最近は本当にそのように思えて暮らしていけている。

そう思って過ごせれば人生幸せに生きられると思う。

感情使えば相手は敵になる

味方でなければ協力難しい

「よかった」と言って感情落ちつけて

冷静になって仕事にとりかかろう(8)

(アドラーギルド 勇気づけの歌)

対人関係に限らず、自分に起こった悪いと思われる出来事でも必ず良い面がある。

ただし、良いと思われることの悪い面は探さないようにしている。

そうすれば前向きに生きられる。