読書

 

4月から病棟担当を外れてゆっくり勉強できる勤務になったので、いろいろ読み物をしている。

しかし思いの外進まないな〜

もっとたくさん読めると思っていたが、

今の勤務は今の勤務で結構時間がない(泣)

気分的には楽になったが。

この数日で以下のものを読んだ。

これは患者に向けて書いているようだが、かなり難しい。

少なくとも一人ではできないであろう。

専門職とワークをやりながら1章づつ読んで理解していくしかない。

それでも難しいと思う。

医療職でも自分で体験していない人には難しいであろう。

私は何回かセッション(九州大学方式だが)に参加させてもらっているので、理解はできたが。

もう一つは

心理学からみた食べる行動:基礎から臨床までを科学する
  • 青山 謙二郎, 武藤 崇, 畑 敏道, 高木 悠哉, 残華 雅子, 福田 実奈, 山﨑 真理子, 山中 祥子, 小松 さくら, 大屋 藍子, 万福 尚紀
  • 価格   ¥ 2,700
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

これは医療者なら読み慣れている読み物で、

いわゆる論文のレビューのようなものであった。

食べる行動と心理学の研究内容(いわゆるエビデンス)を紹介していてわかりやすかった。

理系の方で研究に興味ある方はなら医療者でなくても面白く読めると思う。

この中の肥満とダイエットという章でマインドフルネスイーティングが紹介されている。

今後私が研究しようと思っている分野だ。

しかしもっとペースを上げて勉強しなければ・・・とほほ