忙しいということ 心を亡くす

 

4月から勤務が自由になって、ものすごく勉強する時間ができるかと思いきや

思ったほど時間ができていない。

病棟勤務していた時はものすごく忙しく、

何もできないと思っていたが、

実は時間的にはそれほどではなかった。

では何故それほど忙しいと思ったのであろうか?

それは、やはり心理的な思いであろう。

ストレスが大きいと思ったより疲れて、

気分が軽い時はいくら働いても疲れない。

皆様も経験がないだろうか?

つまり、心に余裕がない時は2倍も3倍も忙しく感じるということだ。

同僚の先生が、忙しいというのは

「心を亡くす」

と書きますよねと言われた。

まさにその通りだと思う。

心に余裕があれば忙しいと感じないと思う。

そのことは大きな気づきであった。