専門家のためのMB-EAT (Mindfulness Based Eating Awareness Training) を受けて来た。日本人初MB-EAT qualified facilitatorへの道 ④4日目 中日、ドライブに連れて行ってもらった。

4日目は朝(9:00-12:00)と夕方(16:30-18:00)の2セッションしかない。ランチの途中まではサイレントリトリートだ。

英語で行うので日本で行なった時よりは瞑想状態に入れなかったが、それなりに効果はあった。

マインドフルネスは深い瞑想状態に入ることは必ずしも必要ではないが、ファシリテーターは

経験しておいた方が良いと思う。

昼からはJean.Kさんとお姉さんが車で近くのドライブに連れて行ってくれた。

あいにくの雨であったが、アメリカの町は興味深かった。

Stockbridgeという町とGreat Barringtonという町に連れて行ってもらった。

途中美味しいというパン屋に寄ってもらったが、そこで何と日本人に遭遇、従業員として働いておられるらしかった。K氏が日本人じゃない?って気づかれた、マインドフルだな〜。

次に日本の農協、道の駅のようなところに寄る。

そこで陽気なおっちゃんが、トウモロコシの試食をさせてくれた。

しかも生!

えーっ生で??

って思っていると甘っ!!

びっくりの糖度、果物くらい甘い。

何も買わなくて申し訳なかったが、美味しく店を後にした。

それから、日本のアンティークショップに行った。

Mundy’s Asia Galleries(こちら)

想像よりはるかに大きいもので、びっくりした。

品揃えはえーっこんなものまでという、大正、昭和の店の看板や広告などから、等身大鎧まであった。

奥さんが日本人で京都出身らしい。

外国が長いのか日本語の発音が片言のように聞こえる。

日本人に2人も出会って面白い旅であった。

夜のセッション後は何かショー的なものをやっているようだったが、2人とも疲れていて、部屋でゆっくりしていた。

今日はちょっと中休みだ。