北斗の拳 聖帝サウザーにみる体験の回避

 

週刊少年ジャンプで連載されてた「北斗の拳」は我々の世代の男性なら誰でも知っているであろう有名な作品だ。

その中で、南斗六聖拳の一つ南斗鳳凰拳の伝承者である聖帝サウザーは、パロディ版もできてしまうほどにインパクトのあるキャラクター。

残忍性では1,2を争うのに、なぜか憎めないのは、そうなった過程にみんなが共感したためだろう。

作品をよく知らない人のために、簡単にサウザーについて紹介しておく。

少年時代、南斗鳳凰拳の厳しい修行をしていたサウザー少年

いくら厳しい修行をしていても、師匠は親のように暖かく彼を見守っており、彼も師匠を実の親以上に愛していたのだ。

そして、いよいよ伝承者継承の儀式。

目隠しをして対戦相手を仕留めれば、伝承者となれるという非常に厳しい儀式(もちろん負ければ死ぬ)。

ハンデ自体が半端ないが、相手がなんとその師匠。

代々、南斗鳳凰拳の伝承者は先代を倒して来たのだ。

しかし、目隠しをしてるため、サウザーは相手が師匠だと知らない。

そして、勝利を収める。

目隠しを取った時、彼は真実を知ることになる。

最愛の師匠を自分の手で殺してしまった。

その悲しみの強さにサウザーは愛を拒絶してしまう。

そして、愛を捨て、非情の聖帝サウザーになってしまったのだ。

さすがに最愛の人を殺してしまうようなトラウマ体験は、そうそうないと思うが、

例えば失恋をしてしまった後に、恋愛を避けるようになる体験は誰にでもあるのではないだろうか?

そうではなくても大きな失敗をして、それに関することを避けたりすることはある。

アクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT)ではこういうことを体験の回避という。

そして、回避すればするほど、そのことに執着してしまうというものだ。

サウザーも愛から逃れようと、徹底的に愛を排除する行動に出ている。

避けようとすれば考えずにはいられないのだ、そしてさらに苦しむようになる。

それではどうすればいいのか?

ACTでは全て受け入れ(アクセプタンス)、避けずに全力で向き合い(ウイリングネス)、よしやるぞ!と意思を持って実行する(コミットメント)。

つまり、苦しいところをあえて向き合って全身でその感情を感じるのだ。

これは行動療法から発展したACTならではの方法でピュアマインドフルネスにはない方法である。

つまり愛を避けるのではなく、自分から積極的に愛したり愛を感じるようにする。

つまりケンシロウのようにあえて

とするのだ。

うまくまとまったでしょうか?