カフェ オスピターレ、スフォリアテッラとは?

 

博多駅にスフォリアテッラという聞きなれないお菓子専門店がある。

カフェ オスピターレ(おもてなしの意味らしい)。

テレビでマツコの知らない世界でも絶賛されたということで、家族がlineで教えてくれた。

どんなお菓子かというと、イタリア・ナポリ地方に17世紀から伝わる伝統の焼菓子、イタリア語で「ひだを何枚も重ねた」という意味でアマルフィ地方の修道院が発祥と言われている。パイ生地にバターを一切使用していないので、「サクサクッ」ではなく「パリッパリ!」とした食感が一番の特徴。らしい。

博多駅のマイング博多内にある。

ちょっと探さないとわからない小さな店舗。

今回、マロンが発売になってるらしい、季節感がある。

意外と大きさが小さいので3ついけるかと、マロン、あまおう、チョコレートを購入。

一個300円代3つで1000円超えた!

結構高額・・・

さてお味は・・

うん!まさにパリッパリ!うす焼きせんべいくらいの歯ごたえがある。

パイ生地にバターを使わないとこんなになるんだ。

経験したことのない食感。

好き嫌いが分かれるところだな。

私は嫌いではない・・がすごく好きでもない。△ってところか。

中身のクリームは、おお!これは確かに美味しい!

マロンは栗の風味と味がしっかり残っていてそれでいて甘く柔らかく仕上がっている。

チョコレートはしつこくなく、甘すぎないちょうどいい味。

あまおうはイチゴの風味がすごくしていて、ジャムとクリームの両方の食感・味が楽しめる。

人気なのも分かる。

しかし、やはり3つは多すぎた。2個でちょうどいいな。