怒りの利用法

 

怒りは相手や自分に向けて使うと建設的ではないが、

今回はそのエネルギーを建設的に使えることに気づいた。

何をするためにそのエネルギーを使ったかというと、今まで自分には出来ないなと思っていた階段ダッシュ、ランニングだ。

私は持久力がないので、ランニングはすぐ息が上がって苦手意識が強かった。

苦手という理由をつけてやらないことにしていた(自己欺瞞)。

しかし、怒りのエナルギーのため、その壁が破れた。

近くの公園をランニング、47段の階段を連続ダッシュ。

夜と朝に行った。

昼はそれなりに暑いので夜と朝がちょうどいい。

公園には散歩や同じようにランニングしている人がいた。

走ってみるとこれが気持ちいい!

風や温度を感じながら爽快な気分になれる。

そして避けていたことに挑戦し、達成した満足感。

やってみると、そう嫌なことでもなかった。

怒りに感謝だな。

怒りのエナルギーはこういう壁を破ることも出来るなと学んだ。