・・・・備長ひつまぶし・・・・・中洲川端

ひつまぶしを食べに福岡中洲川端の備長に行ってきた。

ひつまぶしが博多で食べられるなんて、いやーいい時代だなー

店は博多座の横の通りに並んでいる店のひとつ。

ランチタイムで混むといけないので、1130分過ぎに入る。中には先客が数名。

メニューを見ると、ランチメニュー、、、あれ?これだけ?

店の人に聞いてみる「すいません、ランチ(の時間)はこれだけですか?」

「はい、ここからになります」

それでは仕方ない。ちょっとでもひつまぶしに近いまぶしランチというものを注文。税込1814円(お茶出汁つけて)だから、安いのは安い。

初めての店だし、うなぎの質をみるにはちょうどいいか。

しかし、隣の人とかは普通のひつまぶしを頼んでいる⁇

あっ、もしかして「ランチメニューはこれだけ」って意味で普通メニューも頼めるのか!

やられた、もっとしっかり聞くべきだった~

ランチにはサラダがついている。

珍しいね、うなぎ屋では野菜でないと思っていたのでラッキー

うなぎは2切れ小さいのがついている。

量は少ないが安いからね、味がよければそれで良し。

ひつまぶしの食べ方

食べ方の基本まずはそのまま頂く。

うん????

かろうじて皮はパリッと感じるが身が・・・・全然ふんわり感がない。脂も感じない・・・・

タレは味がしっかりしているが、身が薄すぎるため、濃く感じる。

うなぎの干物をタレで漬けにしたような味だ。

今まで食べてきたひつまぶしは、1膳目がうますぎて、つい食べすぎてしまい、2膳目が減ってしまうという事態に陥るのだが、今回は早々にギブアップ。

薬味を加えたら少しはマシのなるかと思ったが同じ・・・・・。

・・・いやいや、やっぱりひつまぶしは茶漬けでしょう。

3膳目はうまいはず。

そう思って見てみると、あまりにうなぎが少ないのでご飯余りまくり、このまま出汁かけたら、美味しくないので、いい塩梅までご飯を減らす。

そしてわさび、ネギを乗せ、出汁をかけて

さあ!出陣!テンション上がりまくり!

頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さようなら。

やっぱりうなぎ、ひつまぶしは名古屋で食べないとと学んだ貴重な日でした。

オススメ度☆/5点

神がダメージが低いように安いものにしてくれたのだろうか、最初の聞き間違いが幸いした、守られているぞ!私!

でもこれが好きっていう人もいるかもしれないので、自分の舌で確かめてください。

私はもう行かないけど。

・・・・備長ひつまぶし・・・・・中洲川端” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。