抹茶かき氷 京はやし屋 博多アミュプラザ店限定「抹茶・嵐山」、鈴懸本店「八女金時」

 

今年のかき氷特集!(2つだけだが、去年は食べた覚えがないな〜)

京はやし屋 博多アミュプラザ店限定

かき氷「抹茶・嵐山」  単品    1,188円


抹茶のわらび餅、ゼリー、ソフトクリーム、シロップすべて
抹茶づくし、さらに寒天、白玉付きで、練乳のシロップもかかっているという、大人の甘党の方には最高の一品

さらにトッピング108円で小豆を選択!

これでサイキョウギリギリ!

氷はふんわり、抹茶と練乳のかかり具合が絶妙!

抹茶の深みと練乳の甘みのコラボに舌が喜んでいる。

コオ織の下には抹茶ソフトクリームが、

味に飽きたら、抹茶ゼリー、わらび餅、白玉を舌安めに。

白玉とソフトと小豆を一緒に食べると最高の抹茶パフェに

鈴懸本店「八女金時」890円 練乳+50円

このかき氷は、八女茶の濃い抹茶が味わえる。

まろやかな甘さが欲しい方は+50円で練乳かけてくれる。

抹茶のほろ苦さと練乳の甘さがこれまたサイキョウのコラボ。

和菓子店の小豆も最高!

このかき氷はすごくキメが細かく滑らか、シャキシャキ感はない、すーっと溶けるよう。

嵐山はこれよりは少しキメが荒かった気がするが、明らかにこれが普通のかき氷のレベルより滑らかすぎるためであろう。

そして、横に抹茶シロップが付いているのだが、なぜかというと、抹茶は表面だけで、奥に食べ進めていくと白い氷が顔を出す。

舌安めにもいいのだが、さすがに氷だけ食べ進めると寂しい。

そこで抹茶シロップ自分掛けの登場!

抹茶シロップだけでも十分甘さがある。練乳のところと食べ比べもできてお得!

白玉もキメが細かくて抹茶と小豆にマッチしている。

さすが和菓子屋だ。

多分かき氷は、この夏これで最後。