FD再び あまり公開したくないのでよくわからない題にしてみた

 

約10年くらい前だろうか?一時すごく胃がムカムカして気持ち悪い時期があった。

痛みはないのだがとりあえず胃が重くて気持ち悪い。

逆流性食道炎・胃十二指腸炎・潰瘍を疑って上部消化管内視鏡を受けたのだが、異常所見は見られず。

ガスモチンを内服していた。少しはましになるのだが著効はせず、そのうちに消失していった。

2度目は九州大学時代1年目の時だ。

同じ様な症状で、六君子湯とアコファイドを内服していたが、まあまあ効いたがひどい時はナウゼリンの方が効いた。

もうお分かりだと思うが、病名は機能性ディスペプシア(Functional Dyspepsia:FD)

FDには2つのタイプがある

・1:「食後愁訴症候群(PDS:postprandial distress syndrome)」
「食後の胃のもたれ感」・「早期満腹感」

・2:「心窩部痛症候群(EPS:epigastric pain syndrome)」
「みぞおちの痛み」・「みぞおちの焼ける感じ」

私の症状はPDSかな?痛みがないのが幸いだが。

いずれもストレスが原因。

まあ思い当たる節はある、今回は職場の違和感がそうさせているのだろう。

マインドフルネスをやるようになってから胃の感覚がよくわかる様になった。

「ガチッ」と胃が硬い感覚。動いていない感覚。

今の所薬飲むほどではないが、もう少し続く様なら飲んでみようか。

ストレスが原因だが、ストレスがなくなってもすぐ良くならないところが辛い。

長ければ数ヶ月続く(最初は1年くらいあった)。

まあ、原因がはっきりしているのだから去るのを待つだけだが。

ちなみにマインドフルネス をやっているのにストレスなくなるんじゃないの?って言われそうだが、完全になくなるわけではない。

大きなストレスはあるし、大きさも変わらない(と私自身は思う)が回復が早くなるだけだ。

回復が早くなるのと症状があっても手放しておけるので日常生活は困らないようにはなった。